政府自民党の規制緩和は産業を弱体化させる!

政府の産業競争力会議は企業の競争力を高める名目のもとに、労働分野の規制緩和を検討している。今日の朝日新聞によると裁量労働制の業種を拡大することで、残業代なしで長時間労働を可能にしようとしている。

産業競争力会議は、あたかも裁量労働制が拡大されると、仕事が早く終わり労働者が早帰りできるかのデマを振りまいているが、狙いは長時間の労働を残業代なしで行わせることである。

企業の超過利潤を研究開発分野への資金投下で行うのではなく、労働条件の悪化で実現する事は、日本企業を弱体化する事になり、けっして好ましくはない。労働相談で明らかな事は、企業が研究開発分野のリストラ(切り捨て)を行っていることである。

野蛮な搾取は絶対的な剰余労働を拡大するが、そのことで企業が研究開発に資金を投下することを放棄するようになるのである。

解雇の自由化を行おうとしていることを見てもわかるように、安倍内閣の政策方向は日本産業を弱体化する方策を追求しているとしか思えないのである。今求められているのは長期的産業戦略であり、目先の利潤拡大策ではないのである。

有識者会議(産業競争力会議)の狙いは日本産業の弱体化である点に注目すべきである。野蛮な搾取化は企業の目先の利潤を一時的に拡大するが、国民経済は個人消費の縮小で疲弊していくこととなる。

「国益を守る」と詭弁を使いながら国益を売る人間に注意すべきだ。アメリカの手先どもの日本産業の破壊・企業乗っ取り・国家的搾取に警戒すべきである。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は、既に裁量労働が適用されています。

>仕事が早く終わり労働者が早帰りできるかのデマを振りまいている

仰るとおりです。
裁量労働なので、依頼された仕事を断らない範囲(ちなみに、断る人だらけです。)で、さっさと仕事して、さっさと帰ってました。
当然、裁量労働手当以内の残業時間で、そのとおり勤務表をつけてたら、評価は低く、この前、リストラされそうになりました(怒)
社長以下役員は、裁量労働なのに、残業時間の少ない社員に、文句を言ってるそうです。

それなのに、評価は低いのに、何故か(管理職でもないのに)、社外で会社を代表する立場に立たされます。

まともな評価が出来るなら裁量労働も有りと思います。でも、裁量労働を導入したところで、評価基準はほぼ残業時間なんで、時間に応じて残業代を払うほうがましです。
(そうなると、私の給料は減りますが・・・^^)
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード