少子化問題の解決のために!

少子化問題の解決の為に何が必要かを考えてみた。
第一に、老後の国家補償の制度が必要である。自分の親の介護をしていて婚期を失い、結婚できない人が多いのである。

第二に、若者の多くが低賃金の非正規(反失業者)で結婚する経済力が無い、また結婚出来ても子供がつくれない。若者に安定した仕事を保障すべきである。

第三に、結納金や披露宴に高額の費用がいるので結婚できない若者が地方には多い。売買婚のような風習や慣習を打破し、仲間の実行委員会による、会費制の結婚式を文化改革として普及させよ。

第四に、男女平等の社会をつくらねばならない。女性や子供の人権が日本では守られていない。家庭では女性は家内奴隷のように扱われ、暴力やハラスメントの対象になっている。男女の差別賃金で母子家庭の生活が窮迫した状況にある。

第五に、職業を持つ女性が、結婚すると例外なく退職勧奨の対象となり、子供が生まれるとパートにされる例が多くある、職業女性は働き続けようとしたら結婚できない状態にある。女性が結婚し子育てしながら定年まで働き続けられる社会にしなければならない。

第六に、働きつつ子育てする環境が整っていない。賃金が安いし、保育所が少なすぎるのである。

少子化問題の背後にはたくさんの社会改革の必要性が隠れている。労働組合がこうした社会改革の声を上げていかなければならないと痛感している。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード