安倍政権の参院選戦略について!


以前の自民党にはリベラル派と右翼が混在していたが、今の自民党はほとんど右翼政党になった。自民内の右翼勢力は総じて親米従属派であり、本質は売国勢力と見てよい。安倍首相がTPPで国益を守るというのは嘘で、アメリカ言いなりの売国派に国益等は初めから守る気は無いのである。

安倍自民党は靖国参拝や歴史見直しで韓国や中国を刺激・挑発して領土問題で強硬姿勢を取らせ、そのことを利用して日本の世論を右傾化させれば参院選で勝利できるとの読みがある。

そもそも外交を国内政治の道具に使うことは、本来してはならない事なのであるが、彼らは目先の利益しか考えない連中なのである。竹島や尖閣諸島など領土問題を刺激することで日本の世論を右傾化する策動の先にあるのは戦争である。

なぜこのような愚劣な事が通用するのか?それは野党がいつまでも観念的非武装中立論をとり、「憲法9条は日本の宝」などと言うたわごとを掲げていることに原因がある。野党は自民党に「対米自立と自主防衛」の安全保障政策を対置しないと参院選は自民の大勝利になるであろう。

憲法9条は、アメリカ軍がいつまでも日本に居座り、日本を従属状態に置く為の従属条項であるのだから「宝」であるわけが無い。今のままアメリカの従属国を続けることは、アメリカの戦争の手伝いを自衛隊がすることになる。

今日の情勢では日本が対米自立する事が平和主義を貫くことになるのである。野党は自民党の対米従属一辺倒を攻撃するべきであり、改憲と集団的自衛権を容認する先に日本の戦争の道があることを国民に説明すべきであろう。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード