人材を生かしきれない指導者の問題点!


会社内で営業成績の一番いい労働者を職場ぐるみのハラスメントの標的にする馬鹿な会社指導者がたくさんいる。このハラスメントの裏には営業成績のいい労働者を妬む同僚の仕掛け人がいるのだが、いとも簡単にでっち上げのデマ・中傷に引っかかるのである。

別の会社では仕事の出来ない支店長がパワハラをやりまくっているが、この上司は嘘の報告で自分のパワハラを隠している。

ある会社の「*長」はパワハラで5人もうつ病にして休職させていたが、本社にはその事を隠して給料を払い続けていた。それを告発すると会社は「*長」を九州に飛ばしパワハラを隠ぺいした。

別の会社では社内にうつ病の社員が4分の1もいる。この会社の労務管理は社員に精神的拷問をかける特徴がある。

職場で暴力を振るわれたという相談も多い。雇用関係とは法律上は対等の契約関係なのであるが、実際には支配・従属の関係にあるので、どうしても暴力で解決しょうとするのである。

パワハラとは精神的暴力を社会的地位を利用して行う人権侵害であり、その問題の背景には人材を生かしきれない無能な指導者の存在がある。

ブラック企業と世間から非難される企業は、押し並べて指導能力に欠けた経営者がいる。こうした経営者は自分の権力を誇示する事にことさらこだわるので、ハラスメントの仕掛け人には都合がいい。

こうして職場の矛盾をパワハラとして権力的に解決する会社では人材は育たない。どうしても若い労働者を精神的暴力で使い捨てにするのである。しかもパワハラの仕掛け人や精神的暴力の加害者が出世する事になる。

パワハラは、指導能力の無い指導者がその原因なのであるが、多くの企業はこれを容認して会社組織を腐らせているのである。

労働相談を毎日受けていると、経営者の無能がよくわかるのである。職場の矛盾の解決を指導的に解決できない指導者にこそこの問題の根源があると私は思う。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード