労働運動の発展の為に新世紀ユニオンが目指した事!

私は若いころに日本や中国の歴史小説やアレキサンダーやナポレオンの伝記を読んだ事がありました。階級闘争の理論も学びました。戦略や戦術が労働運動に活用できるのではと考えたからです。

しかし日本の労働運動は当時社会政策的に管理され家畜化していたのであまり活用出来なかったのです。ところが旧ソ連が崩壊し、社会主義が変質してからは、世界中が規制緩和・リストラ経営の時代になりました。

リストラに家畜化した既成労組は無力でした。個人加入の新世紀ユニオンは雇用を守る闘いの戦術レベルを上げることで貢献できるのではないか?と考えました。

ですから新世紀ユニオンを質の面で高い闘いをやろう。言論や理論化の面で貢献しようと心がけてきました。そんなわけで教訓も隠すことなくホームページで公開してきました。
新世紀ユニオンがリストラ対処法で闘い方を公開したこともあって、全国に多くのユニオンが生まれました。このことが経営者に解雇すれば高くつく、というので解雇の自由化の願望を強める事になりました。

解雇を自由化すれば個人加入ユニオンを財政面から解体出来ると彼らは考えたのです。しかし、この解雇の自由化は、違法解雇が合法となっても労働者の怒りや恨みが残り、犯罪は増加し、労働運動は非合法な闘いへと発展する事になります。当面の労働運動の課題は解雇の自由化に反対する事です。

良識のある経営者は解雇の自由化に反対しているようです。解雇の自由化は新世紀ユニオンもひとごとではなく、財政面で困難に直面する事になります。合法的闘いの場が無くなれば日本のユニオン運動は全国規模で活動形態を変えなければならなくなります。

法的枠組みが変わればユニオンも生き残りのために変わらねばなりません。限定正社員制度は事実上の解雇の部分的自由化であり、労働裁判は急速に減少する事になります。日本の労働運動が新しく前進出来るか?そのための研究をしなければなりません。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード