教育について思う事

イギリス人はマルクス主義をカルトだと教育する。社会科学を否定して観念論を振り撒けば、この国は科学的思考を教育できない。

アメリカでは進化論を教師が教えると、銃撃を受けることになる。人類の進化を否定して、神が世界を創造したと、観念論を教育すれば、この国は最早科学の分野で世界の指導者ではありえない。それが分かっているので他国から科学者を輸入しているのである。

韓国人は何事も感情的に処理する。これでは創造的思考は発展しない。

中国はパクリ経済から脱却しないと、独自の創造的研究は進まない。研究するよりも他国から奪い取ることだけ考えていては先は見えている。

さて日本であるが、自民と維新の、政治の教育への介入は[亡国の徒]と言うべきだ。若手研究者をパワハラでつぶし研究を奪い取る事も禁じるべきである。日本の科学立国も今危機にあるのだ。

自由な教育と研究を保障することが科学立国のカナメの問題だと思うのである。
関連記事

テーマ:これでいいのか 日本の教育 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード