デマを信じる馬鹿な経営者!


労働相談を受けていると最近パワハラの相談が急増しているのに気付く。会社で一番の営業成績の人が突然会社中の嫌がらせの標的にされる。同僚がデマを部長に流し込んだ結果らしい。

ある優秀な技術者は部長のパワハラの犠牲にされてうつ病になり、療養中に解雇された。ある優秀な研究者は上司のデータねつ造を指摘してパワハラを受けるようになった。
しかも社内の相談窓口にパワハラを相談すると、すぐに報復の嫌がらせが始まるのである。(社内の相談窓口とは告発者を叩き潰すために存在していると心得よ!)

営業成績のいい人、優秀な研究者、等はその長所で妬まれる。同僚にしてみればその存在が自分を脅かすのである。そこでその人のデマを上司に吹き込み職場から排除しようとする。このデマを馬鹿な上司が信じで職場ぐるみのハラスメントが始まるのである。

こうして優秀な人材が企業や大学からリストラされる事になる。大学では若い研究者が契約雇用の不安定な立場で、研究妨害やパワハラを受け、研究を奪われたり、アイデアを奪われる、その為のパワハラなのである。

日本の職場はいつからこんなに愚劣な職場になったのであろうか?日本にはパワハラを取り締まる法律が無い、だからやりたい放題だ。このパワハラの切り札に契約雇用が利用されているのだ。

パワハラがもし表面化すると、でっち上げの事件を口実に「指導」を主張すれば裁判所はすぐに騙される。判決ではパワハラは無く、「指導」であった事になる。

最近、この国はパワハラで滅びるのではないか?と思う事がある。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード