蔓延るモラル・ハラスメントについて!

うつ病・パニック障害・ストレス障害などの病気のほとんどがモラル・ハラスメントが関係していると言っていい。モラル・ハラスメントで病気になり社員が働けなくなると、企業には大きな損失となる。

ところが部長や課長や・店長が「会社の為」として職場ぐるみのモラル・ハラスメントに熱中している職場が多くある。標的になっているのは会社で一番の営業成績の人である。そのモラル・ハラスメントを社内の相談窓口に相談すると、会社ぐるみのハラスメントが悪質化し急増する。

会社組織自体がいつの間にか独り歩きし、標的の人をイジメ、そのイジメに加担する事が職場の踏み絵になる図式が存在している。これは会社のシステムがモラルハラスメント的になり、その結果企業倫理を踏み外す一例です。

こうした職場の責任者は「自己愛的変質者」が多いと言われています。「会社の利益の為」を口実に部下を精神的にいたぶるだけでなく、職場ぐるみで苛めるのは異常と言うしか有りません。

なぜ日本には過労自殺が多いのでしょうか?この背景にもモラル・ハラスメントが存在していると見ていいでしょう。こうした会社はおしなべて「社員にプレッシャーをかけて、社員を恐怖で縛る」労務管理をしています。

社員の個性を大切にし、社員が自主的に働く会社の方が企業成績が高いという事を指摘したいと思います。モラル・ハラスメントを放置すると、会社への社員の忠誠心が無くなり、優秀な人材が離れていく結果になっています。

ところが馬鹿な管理者は、社員の忠誠心が無くなると、余計にプレッシャ―と恐怖で支配するようになります。雇用契約には労働者が「能力を尽くし誠実に働く」事を前提にしています。彼らは労働者を信頼できなくなっています。

こうして日本の職場に「社員にプレッシャーをかけて、社員を恐怖で縛る」労務管理が蔓延る事になっています。ハラスメントとは人に対する精神的暴力であり、心を傷つける事になります。許せないのはこうしたハラスメントが退職強要の手段として行われていることです。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード