ユニオンの財政危機を克服するために!


風邪は治ったのですが、体調が回復していなかったのでこの週末は休養しました。
休養していても気になるのはユニオンの財政です。解雇の自由化に向けて限定正社員の制度がなし崩しに導入されている反映か、解雇事案の相談が減少しています。

ユニオンの財政は、拠出金・組合費未払いの裁判で勝訴して以後は、新世紀ユニオンの組合費納入率も、組合員定着率も上昇しているものの、財政的には解雇事案での10%の拠出金に大きく依存しているのが現状です。

従って安倍政権が進める解雇の自由化と残業代ゼロ法案が国会を通過すると、新世紀ユニオンのような無党派ユニオンはすぐに財政危機から解散の危機に直面します。バックに政党がいる組織以外の無党派ユニオンは倒産する事態になる事は避けられません。

事案が解決したら、今度は他の組合員を支援するようにするのが労働組合です。しかし原状では裁判が終わると辞めたり、組合費が納入されなくなる例が多い為、どうしても解雇裁判などの解決金からの拠出金の占める比率が多くなります。

ところが解決金の相場が急落し、さらには規制緩和のため違法解雇が合法となるとユニオンの最大の収入源が無くなる事態となりつつあります。つまり「解雇の自由化」は新しいユニオンを潰す政治的狙いがあるということです。

新世紀ユニオンが生き延びるには、解雇・残業代以外の事案での闘いを進める事、組合費の納入率を挙げる事、事案が解決しても組合員として定着するよう教宣活動を強化する必要があります。ユニオンの財政を主要には組合費で賄う事が新世紀ユニオンの現在の最重要課題です。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード