真っ先に隠し録音で証拠を確保せよ!


解雇事案では、解雇理由を聞くときに、希望退職募集では面談の内容を、パワハラでは上司のどなり声や嫌がらせを、まずICレコダーで隠し録りして下さい。

無料労働相談で、パワハラでうつ病になったり、精神的病気で休職しているのに、証拠が無い為労災申請が出来なかったり、解雇理由の最初の会社側の発言の証拠が無かったり、退職強要をされているのに証拠が無い為闘えない相談が少なくありません。

メモもなければ、パワハラの録音、解雇理由の最初の発言等の録音が裁判の決定的証拠になる例が少なくありません。最近は音声を録画と共に記録できるコンパクトなアイテムも売られています。セクハラの記録に活用すべきです。

労働裁判では、刑事事件のように最初から証拠を開示する必要はなく、会社側に嘘の書面を出させ、その上で後から決定的証拠を出せば確実に勝利出来ます。少なくとも勝利的和解に持ち込めます。特にパワハラでは証拠が必要・不可欠です。

労働相談で困るのは証拠が何もない場合です。日本の裁判は訴えた側に立証義務があるので、証拠が無い場合は闘えないのです。穏便に和解で解決する場合でも証拠が必要だという事を分かってほしいと思います。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード