東京オリンピック開催の決定について!

国際オリンピック委員会の委員たちのスポーツ・マフィア的体質は改善されたのだろうか?長野オリンピックではサラマンチ会長(当時)以下の委員たちの買収費が多額に上り、長野オリンピックの運営委員会は帳簿を「紛失」した事にしなければならなかった事を再現させてはならない。

東京に決定した現因は東京が安全である事、東京都の財政基盤が盤石である事が原因といわれている。この経済基盤がオリンピック委員会の関係者達の買収費を指しているなら喜んではいられない。

オリンピックの東京開催自体は歓迎すべき事であろうが、誘致自体が競技場や選手村建設の利権あさりとして位置付けられているなら、国民は財政的にキチンと監視しなければならない。すでに東京が優勢とのニュースが流れると建設株が上昇している。

デフレ経済や大震災や原発事故の民族的諸困難を日本が克服するきっかけになれば喜ばしい事である。それには賃下げや雇用の非正規化や消費税増税やリストラや福祉切り捨てで、社会的弱者へのしわ寄せ政策が続けられるなら、東京オリンピックを国民一丸となって成功させる事にはならないであろう。

一部の大企業と大金持ちだけが巧い汁を吸う、大ブルジョア独裁とも言える政治を改める事が重要である。自民党は国民的合意路線に立ちかえらないと、階級対立の中で東京オリンピックを開催するはめになるであろう。
関連記事

テーマ:オリンピック誘致 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード