昨日の新世紀ユニオン交流会の報告!

今回の交流会はテーマのパワハラについて話し合いました。参加者は10人で差し入れのお菓子をつまみながらの話し合いでした。

主に以下の点が話し合われました。

(1)パワハラの発端を認識する重要性
   自分がイジメの標的になったと感じたら、敵対的矛盾関係か、何を目的にしたものかをつかみ証拠を集めるようにする。この段階では闘わずパワハラが違法のレベルまで我慢すること。証拠の集め方について。

(2)どんな闘い方があるか?これは何を目指すか?獲得目標で闘い方が違ってくる。
   うつ病の労災申請の仕方、注意点、発症時期とそれから6カ月間のパワハラ事件の内容を申請時に整理しておく重要性について。

(3)経営側の対応の変化に注目しておくこと、パワハラの性質が退職強要を目指すものか?それと も上司の個人的資質から来るものかを見極める。職場ぐるみか?加害者のアリバイ作りをしていないかを見極める。

(4)パワハラを社会化する点について。これは闘いの目標と関連する。社会的に暴露して加害企業の信用を失墜させる。ただし原職復帰を目指す場合は、社会化を見合わせた方がいい場合がある。

以上の点が話し合われ、ユニオンとしては裁判闘争を積み重ね、早期にパワハラの対処法を確立する事が確認されました。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード