維新の反労働者性は支持できない!

大阪府と大阪市は安倍政権の補完物よろしく「国家戦略特区」に呼応して労働時間や解雇の規制を緩和する「チャレンジ特区」を提案している。これでは安倍政権と何ら変わりが無い。

大阪はただでさえブラック企業が全国一多いのである、そのような特殊性を無視して労働時間規制や解雇の規制を緩和すれば、大阪は野蛮な搾取の街となり、過労死が続出する事になる。大阪の労働組合としては支持できないのである。

橋下維新はブラック企業の利益代表者なのか?そう見えるのである!さらに言えば、現在大阪の平和博物館「大阪国際平和センター」(ピースおおさか)の展示の基本設計が大幅に改編する作業が進んでいるそうだ。特に第二次世界大戦の旧日本軍の行為に関する展示が大幅に縮小する、としているのは理解できない。

新聞が報じている、南京大虐殺や朝鮮人強制連行を自虐的と批判する議員や団体とは、維新の事だとすぐわかる。

歴史は事実かどうかが重要で、自虐的かどうかは関係ないのである。旧日本軍が侵略戦争を行いアジアの人々に残虐な事を行った事は事実であり、これを姑息にも隠そうとするような連中の政策など我々は支持できないのである。

維新は親米右翼のようで、米軍の演習の受け入れを表明するが、対米自立だけは口には出さない。最近の維新の政策では石原氏と合うはずが無い。維新は大阪では公明と手を握り、堺市長選では自民と対立する。これまで相乗りを批判してきた共産党が自民と共闘するのも私には理解しがたい事だ。「敵の敵は友だ」とでもいうのか?

自民党と同じ労働時間や解雇規制の緩和を掲げるものを労働者は支持できないし、解雇の自由化を進める自民と手を握る政党も労働者は支持しないであろう。
関連記事

テーマ:政治 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード