退職届と退職願とは違うこと!

労働相談で、条件のいい仕事を見つけたので会社に「退職願」を出した人が。会社に強く慰留され
退職を思いとどまり、従来どうり働くため内定していた仕事を断りました。ところが3カ月後に会社は突然「いま退職願を受理する」と言って、以前提出していた「退職願」を盾に辞めるよう言ってきた、というのです。

この人は転職の時「退職届」を提出すべきでした。ところが提出したのが「退職願」です。これは基本的に労働契約の合意解約の申し入れであり、会社は願いを受け入れるか、受け入れないか決める事が出来ます。

退職届が出されると就業規則に1か月前とあっても、民法では2週間前に出せば退職出来ます。この人の場合は就業規則が開示されていないので、2週間前に退職届を出せば転職出来たのです。

会社は、恐らく退職願を見てカチンと来たのでしょう。慰留して代わりの人を確保してから3カ月以上たってから「退職願」を受理した訳です。この場合の「退職願」は会社が慰留した段階で反故になっています。ですから会社の言う「合意解約」「勝手に辞めた」との言い分は成立しないのです。

この人は労働審判で闘うことになります。おそらく勝利的和解が出来るでしょう。このように退職届と退職願いは性質が違うことを理解しておくことが重要です。自分が慰留しておきながら報復的に過去の「退職願」を受理するのを留保しておき、都合のいい時に受理するのはルール違反です。

同じように最近は「会社が辞めさせてくれない」という相談もあります。この場合は退職願ではなく退職届を出せばいいのです。労働者が転職するときは退職届を提出するようにして下さい。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード