試用期間についての注意すべき事!

労働相談で案外多いのが試用期間の事についての質問です。最近は就業規則で1年~6カ月もの試用期間を定めている会社があります。試用期間とは一定の期間(普通は3ケ月間)「見習い」として労働者を評価する期間の事です。

労働契約自体は、採用時から期限の定めのない契約です。ただし試用期間中は使用者に労働者の不的確性を理由とする解約権が存在します。これを「解約権留保付労働契約」といいます。

企業によっては、この試用期間をフルに利用して労働者を使い捨てにし、期限が迫ると嫌がらせをして自己退職に追い込む企業もあります。また一方的に試用期間を延長する会社もあります。

本採用拒否(=留保解約権の行使)には社会的・客観的に合理的な理由が無いと解雇権の濫用となります。しかし試用期間内の能力適正を理由とする解雇は、本採用と比べ若干緩やかに判断される傾向にあるので注意が必要です。

本採用が拒否された場合、その理由を書面で貰う事が重要です。試用期間内に仕事の教育がどの程度されたか、あるいはされなかったか、が重要になります。指導教育もせず能力が無いとか言われても納得するわけにはいきません。

具体的に言うと試用期間中の勤務状況で、よく病休したり、遅刻が多いなどの事実が明らかになると本採用を合法的に拒否できる場合があります。しかし理由もなく試用期間を延長したり、仕事の成果が上がっているのに試用期間内に本採用を拒否された場合は闘えます。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード