このような方の加入はお断りする場合があります!

口では「加入する」「加入する」と言いながら無料相談を何回も続ける人、労働相談にきて名刺を渡しているのに自分の名前を名乗らない人、相談日を設定しているのにすっぽかす人。つまり誠実でない方の加入はお断りします。

加入するという人には加入手続きが終わらない内は肝心な指導は行わない事にしています。加入する場合はこの間の経過や就業規則を見たうえでち密な指導します。「加入する」と言ったら親切に教えてもらえると勘違いしている人が多いのです。加入する場合と相談だけする場合は指導内容が違ってきます。

加入書に自分の住所を記入しない方がいます。営業職の6割ぐらいの人が住所を記入しません。加入書は労組法の保護を受ける上で重要書類です。またユニオン指導部との信頼関係にも関わります。加入書に瑕疵を作れば不利になるのは自分なのですが、営業職の人は契約書と同じで自分が有利になると勘違いしています。

加入金と2カ月分の組合費を支払っているのに、ユニオンの指導を受けようとせず、重要な会社の業務命令書などをユニオンにすぐ見せようとしない人もいます。指導を受けるために加入したのではないようです。信頼関係が築けないのか?偵察のためなのか?認識運動の重要性が理解できていないのか?いづれかです。

新世紀ユニオンは解雇の場合、他のユニオンの2倍以上の解決金を取っています。しかしそれは本人が指導に従った場合です。つばぜり合いの局面で戦術指導に従わなければ裁判で勝つことも、勝利的和解も難しい事を知って下さい。

またユニオンの指導を受けているのに、自分に不利な事を隠している場合が多々あります。自分が不正をしている事を隠していて、裁判や審判で暴露されて敗北する場合が時々あります。ユニオンには不利な事も隠さず話しておく事が重要だと理解してください。

組合に加入しているのにメールを送れない人がいます。またメールの返信が3日後の人もいます。これでは「つばぜり合い」の局面で指導が出来ません。認識運動が保証できない人は勝つことは出来ないという事を御理解下さい。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード