退職強要から雇用を守ることは可能です!

最近会社の退職強要を受けていた組合員のA子さんの雇用を守る事が出来ました。A子さんは優秀な営業マンでしたが上司のパワハラを受け病気になるほど精神的暴力を受けていました。この上司は女性の営業社員をいじめるのが趣味のようなところがあり、いじめて辞めさせては成果を自分のモノにする手法を取っていました。

そんな状況でどう雇用を守るか?A子さんを精神的に持たせながら、会社の別の部門の仕事を確保できるかが課題でした。新世紀ユニオンの励ましと指導を受けながら、最悪の事態に備え証拠を残しながら、会社側の認識をどう利用するかがこの事案のカギでした。

A子さんは仕事を取り上げられても、職場での孤立と冷たい目にさらされ、周辺から退職を何回も進められました。しかし高齢の女性が再び正社員になるのは困難な雇用情勢がありました。A子さんがくじけず最後までユニオンの指導方針を堅持したことで、とうとう会社は退職強要をあきらめ、このたびパワハラ上司とは別の職場への異動を勝ち取ったのです。

多くの人が今、会社の退職強要にさらされています。新世紀ユニオンの無料労働相談でもそれが反映して退職強要の相談が増えています。しかし相談で「全国どこでもメールの指導だけで雇用が守れる」と言っても、多くの人が信用しません。しかし新世紀ユニオンではたくさんの雇用を守ってきた実績があります。経験と普段の研究で雇用が守れるレベルになったという事を信じてほしいと思います。

パワハラを受けた被害者は、人間不信になり、なかなか新世紀ユニオン指導部の方針を信用できないものです。多くの人が成功するとマジックを見たように不思議がります。しかし世間の物事には解決できない困難等ないのです。会社の性質や上層部の傾向性を掴む事が出来れば雇用は守る事が出来ます。問題は退職強要を受けている本人と指導部との信頼関係が築けるかどうかがこの場合のカナメなのです。

パワハラを受け、退職を迫られている方は、新世紀ユニオンに加入して雇用を守る道を選択肢に加えてほしいと思っています。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード