ある不思議な裁判?!

ある女性から相談を受けた、パワハラと未払い賃金で裁判を4年も続けていて、まだ地裁判決も出ていないのであるが、この人はパワハラ・賃金未払いで労働基準監督署に訴え、監督署の是正勧告が出たのに未払い賃金が一部しか払われていないのである。

不思議なのはこの原告女性の弁護士が裁判を勝つ確率が低いパワハラだけに絞り、地位確認の請求がなされていない事である。この原告は契約社員として10年も働いているので、雇止めが監督署に相談した報復であるので、人事権の濫用であるのは明らかであるのに、なぜ慰謝料裁判にしたのか解りません。

本人に聞くと「地位確認の裁判があるという事も、最近まで知らなかった」と言います。この女性の弁護士が裏切っている可能性があるが、証拠がありません。弁護士なら本人が原職に復帰したがっているのは理解しているのに、依頼人を裏切るような裁判にしたのはなぜなのでしょうか?

訴状を見て、請求の趣旨に地位確認が入っていない事は私には理解しがたい事です。こんな簡単な裁判が何故4年も続くのか?意図的に策動したとしか思われません。

この女性の裁判は現在裁判官の和解提案が出て100万円の解決金が提案されているそうです。私から見れば、もし地位確認の請求がなされていたら未払い賃金は1000万円を上回る金額になっているのです。弁護士が何も知らない依頼人を裏切り、不利な裁判にした可能性が強いのです。

パワハラの多くが時効になっているのに、パワハラの慰謝料裁判にした狙いは何か?この弁護士に聞いてみたい気がしています。この類の相談が案外多いのです。労働者が裁判を闘う時はユニオンを通して信頼できる弁護士を依頼するようにして下さい。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード