社内不正の告発は慎重に!

労働相談でよくあるのが、上司がトンネル会社を作り不正をしているのを見つけたので社長に告発したら「業務権限外だ!」と怒られた。というたぐいの相談です。中には告発して上司の「トラの尾」を踏み退職強要される人もいます。

社内の「不正」と見えるものは、多くが社長が利益隠しで部下に命じてやらせている例が多く、こうした事の告発は慎重にした方がいいです。告発する場合は匿名の手紙でするようにした方がいいです。

社長の息子が経理の金を勝手に持ち出し、担当者に領収書を都合して辻褄を合せるよう言われた人が、後で「横領した」といわれ解雇された例もあります。社内の不正に巻き込まれそうになった時は自分の潔白を証明する為の証拠を残すように心がけてください。

このような会社で働く労働者は「見ざる・言わざる・聞かざる」で行くのが一番無難です。またこのような会社は長く働く会社ではないので、なるべく早く転職した方がいいでしょう。とにかくブラック企業が多いので働く方も用心しなければなりません。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード