地球は温暖化なのか?それとも小氷河期?

地球は温暖化していると思っていたら、最近は太陽の活動が低下しているため小氷河期に入ったという。一体どちらが本当なのだろう?どちらの影響が強いのだろうか?

今年の北アメリカや日本での大雪は温暖化の影響と言う人もいれば、小氷河期に入ったと言う人もいる。温暖化を防ぐために排ガスを抑えた方がいいのか?小氷河期に入ったので少し時間の余裕が出来たのか?学者は結論を出すべきであろう。

小氷河期に入ったので氷河が成長するなら海面上昇も反転するであろう。温暖化が差し迫った課題であるなら安全対策を取った上で原発再稼働も必要になる。

太陽活動が低調となる時期が温暖化との相互関係で地球の気候にどのような影響を及ぼすのか、実はよく分かっていないようだ。科学の限界なのであろう?

今年の大雪が温暖化の影響なのか?小氷河期の影響なのか?注目されることである。
関連記事

テーマ:気になるモノ - ジャンル:その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード