安倍政権の馬鹿げた「労働移動支援助成金」!

従業員を転職させる企業に国がお金を出す「労働移動支援助成金」が3月から大幅拡充される。企業が再就職支援会社に支払う費用を1人60万円補助する。いわゆるリストラ支援金である。転職者を受け入れた企業にも新たに職業訓練のお金を出す。

政府はこれによって業績不振の産業にリストラを促し、人手不足の「成長産業」で働く人を増やす、というのだが、大量失業時代に「成長産業」が人手不足とは聞いたことがない。これは明らかな企業へのばら撒きだ。大量失業で就職先が見つかるわけがない。見つからない場合でも再就職支援会社に頼めば10万円出すというのである。

非正規化や契約社員などで、解雇が規制緩和されたせいでリストラはやり放題であるのに、なぜ「労働移動支援助成金」が必要なのか?問題は成長産業の雇用がない為転職できないのである。必要なのは雇用創出策であり補助金ではないのだ。

こんな馬鹿げた政策に301億円を計上しているのである。これでは雇用調整助成金と同じで、全くの税金の無駄使いであり、安倍政権がいかにいい加減な政権かが分かるのである。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード