地震予知は未だ確立していないのか?!

東日本大震災から3年が過ぎた。この地震はプレート(地殻)が日本列島の下に潜り込むことで起きた。同様の大地震に東海地震と南海地震がある。つまり近く同様の大津波が東日本の太平洋側を襲う事が避けられないのである。

先日のテレビで、GPS情報で地震予知に成功した東大教授が、四国と九州南部で地面が5センチ上昇し、東日本大震災前と同じ兆候が表れているとして、3月に大地震が起きる事を予則している。

事実かどうかは分からないが予則を出す勇気を評価したい。我が家には息子が小学校3年生の時から飼い始めたペットの亀(名前は「カメ吉」)がいる。阪神淡路大震災の時このベランダ(3階)で飼っていた亀が、一日前から冬眠中で有るのに水槽の壁に立ちあがり暴れていたのである。

つまり亀は地震を予知できるのである。ところが人間は未だに予知できないでいる。亀は振動だけでなく電磁波を感じているのではないか?つまり岩盤が崩壊する一日前に電磁波が出ているのではないかと思うのである。

つまり岩盤に圧力を加え崩壊前に出る電磁波もしくは電流を計測すれば地震は一日前に予知出来るのではないか?と思うのだが素人考えなのだろうか?中国では生き物を観察して地震の予知を研究している。地震が世界一多い日本で何故地震予知が出来ないのか不思議である。たぶん学者の研究方法が硬直しているからでないか?と思う。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード