都構想の橋下市長は実質敗北した!


昨日は大阪市長選の投票日だった。今回の大阪市長選は他の会派や政党がそろってボイコットする無意味な選挙だった。「今回は投票に行く気がしない」という人が多かった。投票率は過去最低の23.59%だった。しかも白票が45098票もあり、白票を含む無効票が67506票(投票総数の13.58%)もあった。実に4分の3以上の人が無意味な選挙という意思を示したのである。

もともと都構想というのが分かりにくい「公務員が多すぎる」「給与が高すぎる」というのは、大阪が長い間与野党相乗りの市長が続いた結果で、これを民間準拠にするというのが分かりやすいが、都構想というのは国政の課題であり、しかもカジノ合法化は橋下人気を下降させた。橋下は国会に進出してやるべきであろう。

大阪は震災対策が遅れており、経済の落ち込みも大きい、保育所の不足も大きい、橋下市長が市民の望む課題とかい離した「都構想」なる抽象的課題で、しかも必要性の無い選挙で構想の信任を得ようとしたのであるが「4分の1市長」では信任されたとは言い難い。選挙費用の7億円が無駄になったという他ない。

橋下市長も敗北が分かっているのか?記者会見にも出てこなかったようだ。今後「4分の1市長」(=橋下市長)がこの選挙を旗印に都構想を推進するのは難しい事態になった。市長選をしてももともと議会の構成比率は変わらないのだから意味がなかったのである。過半数を割った時点で市長に必要なのは多数派形成の為の会派・政党工作であった。この方が選挙よりもたやすかったのである。

テレビで人気のタレントゆえの誤りというべきか?橋下に必要なのは黒田官兵衛のような軍師である。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード