海外への工場移転が裏目に!


中国に工場移転したものの賃金が上がり、しかも出来た製品の品質が悪く半分を破棄しなければならない。工場を閉鎖したいが、閉鎖の場合の退職金が高くなっているので閉鎖も出来ない。こんな話を最近よく聞く。

中国や韓国に工場を作ったが技術をパクられ、偽物が出回る等して採算が合わなくなった会社も多いらしい。国内では一流の技術を持った人が多数失業し仕事がなく困っているのに、中国から仕事の誘いがきたが、中国ではリスクが高いので断った。という話もある。

失業者の話を聞くと、仕事は増えているがブラック企業が多いという話もよく聞く。労働条件が低すぎて、しかも無茶苦茶な労働条件が多いらしい。仕事があっても非正規ばかりで正社員の仕事が少ないらしい。

中国の環境問題で日本が技術協力する話が進んでいるが、止めた方がいい。技術をパクられて世界市場を獲られるのが関の山である。

企業が目先の利益に目がくらんで海外に工場を移したが、それが裏目に出るケースが多いのである。日本の労働者は高い技術を持った人が多く失業しているのに、技術の無い国に工場を移し、結果欠陥商品を輸入する羽目になったのでは海外移転が裏目に出たというしかない。

中国や韓国は、日本企業の技術をパクろうとスパイまで使い始めたという。日本の企業は先端技術を獲られない為の警戒心を高める事が必要な時代なのである。モラルの無い国への工場移転は考えものである。国内で技術を高めていく経営を続けた方がいい場合が多いのである。
関連記事

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード