株式会社シャンデールとの団交報告!

昨日、エル大阪で株式会社シャンデールとの団体交渉を行いました。会社側弁護士・部長・課長の3名、新世紀ユニオン側6名で午後3時より開始しました。
交渉事案は、U氏に対する5年間にわたる不当な賃下げ(=賃金窃盗)。労働基準監督署への公益通報を理由とする退職勧奨、などとそれに関係する事項です。

ユニオン=「交渉は双方が譲歩して妥結するものだが、あなた方には妥結する権限があるのか?」
会社側弁護士=「ありません」

ユニオン=「一方的賃下げは違法である」
会社側弁護士=「認識の違いである」

ユニオン=「賃下げをしておいて何故賃金規定を開示しなかったのか?」
会社側弁護士=「答えられない」

ユニオン=「監督署への通報を理由に信頼関係が無いと退職勧奨するのは公益通報者保護法違反だ。会社側弁護士=「理由はそれだけではない」

ユニオン=「退職勧奨しておいて、退職金規定を開示していないのはなぜか?」
会社側弁護士=「答えられない」

ユニオン=「U氏は定年まで働けるのですね」
会社側弁護士=「答えられない」

ユニオン=「定年後法律では本人が望めば65歳まで雇用延長が出来る、それは世間並みに認めるのでしょうね」
会社側弁護士=「答えられない」

ユニオン=「この会社はブラック企業だ!」
会社側弁護士=「・・・・・」

ユニオン=「従業員代表は誰か教えてほしい」
会社側弁護士=「答えられない」

ユニオンの交渉委員は、その都度何回も誠実交渉義務に違反している、と指摘、不当労働行為である、と抗議した。しかし会社側弁護士は一切誠実な回答をしなかったので、1時間半で団体交渉を打ち切り、争議行動に移る事を会社側に通告した。

補足しておくと、株式会社シャンデールは、女性の体形を美しくするとのふれ込みで高価な体型補正下着を、ねずみ講まがいのやり方で販売を行っている会社です。100%国産が売りだが、実は中国でも生産し輸入している。1セット約35万円前後の高価な女性下着を、悪徳商法と呼ばれる「ネットワークビジネス」で荒稼ぎしている。従って苦情が多く、評判が悪いので有名な会社である。その事はネットで検索すればすぐに分かる。(続く)
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード