希望退職募集という名の退職強要!

安倍政権が企業のリストラの為に作った職業紹介業や転職支援会社への労働移動支援助成金(再就職支援奨励金)の結果、またまた企業の希望退職募集の動きが出てきています。その為対象となった50歳以上の高齢者から、希望退職の面談で「あなたのする仕事がない」「会社には貴方の活躍する場がない」と退職を促された、という相談が増えています。

面談を何回も長時間繰り返され、能力が無いことを繰り返されると労働者は精神的に参ってきます。対策としては、第一に面談をICレコーダーで隠し録りすること。第二に断固として「私は退職を希望しません」「辞める気はありません」とはっきり断ることが重要です。

新世紀ユニオンの組合員は、何回もリストラを潜り抜けた人がたくさんいます。携帯メールの指導だけで雇用を守ることができるのです。50歳代で希望退職を受け入れると、いかに退職金の上積みを貰っても仕事は低賃金の非正規の仕事しかありません。正社員の地位を守ることの大切さを認識する事が重要です。

相談者の中には、企業内の組合に相談に行った人もいるようです。家畜労組の幹部は会社のリストラに協力しているので、相談どころかバカにして「転職も選択肢の一つだ」と言ってまともに相談にのりません。酷いのになると笑い物にして精神的打撃を与えます。

希望退職募集を請け負っている企業が指導するせいか?何処も同じ面談を繰り返します。会社は希望退職募集と言いながら、実は辞めさせるリストを作成しています。ですから面談は雇用を守る闘いと心得て下さい。リストラの達成まで粘りに粘り、仕事にしがみつく決意が重要です。新世紀ユニオンに加入して家族の為に雇用を守るようにして下さい。
関連記事

テーマ:労働問題 - ジャンル:政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード