非公然活動で組合員を増やすことを先行せよ!

最近労働相談で個人加入の労組に加入すると、すぐ会社に加入通知書を送り、団体交渉を申し込むユニオンが多い。ところがその結果本人が職場で嫌がらせや配置転換などの攻撃を受けることになる。しかも団体交渉は弁護士が出てきて何も解決しない。その後交渉もしてくれない、という相談が増えている。

組合員が一人で公然化する事は孤立を招き、職場の情報も入らなくなる。これでは組合員の求める問題の解決も遠のくことになる。重要なのは本人の問題は、労働者全体の問題だと認識する事である。問題の解決を先に延ばしても組織拡大を先行して、団結を作り上げたのち要求を突き付け、交渉を行うようにした方がいい。

急がばまわれという言葉がある。新世紀ユニオンの事務所の壁には「備えてのち闘う」という言葉が額に入れてある。何事も勝利の為の事前の布石が重要なのである。闘いの前に組織活動を先行させ、情報網を作った上で要求書を提出するようにすべきである。

聞くところによると、団体交渉を行い、同時に会社に裏金を要求するユニオンが多いらしい。裏金を出さない相手に限り、抗議行動や団体交渉で会社側をののしり、大騒ぎする品の無いユニオンが少なくないそうだ。(新世紀ユニオンは本人を抜きに会社側とは接触しないし、裏金など一切受け取らない)

こうして会社側も団体交渉を申し入れると、初めからユニオンを小馬鹿にし、何を言っても「答えられない」としか答えない会社が増えてくる。これでは穏便な解決を考えていても団体交渉が空転するようになる。この解決は組織活動を先行して、その圧力を背景に交渉するしかない。それが労働運動の原点だと私は思う。

新世紀ユニオンは組織活動を先行させてから和解の申し入れをするようにしている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード