コートジボワール戦をビデオで見ました!

この土曜・日曜は仕事が入っていました。サッカーのコートジボワール戦はビデオで見ることになりました。日本チームの勝ちパターンは前半に得点され、後半攻撃に転じて逆転勝ちというのが通例でした。ところがコートジボワール戦では本田が前半に見事なゴールを決めたことで、守りに入ってしまったように見えました。

守り一辺倒だと選手はプレッシャーを掛けるため走りまわるので疲れます。こうなると相手との体力差が出てきます。こうしていつもの日本のサッカーができなくなる。つまり攻撃と守備、緩急の切り替えができず、受け身ばかりになって選手が消耗したように見えました。

サッカーは攻守・緩急のバランスが重要だとつくづく思います。攻撃ばかりだと攻撃陣がつかれ、防御ばかりだと守備陣がつかれます。ゆっくりボールを回して休む時間も必要で、攻撃する時は一転スピードを上げる必要があります。攻撃は最大の防御であり、守備一辺倒になった守りの消極性が日本の敗因だと思いました。

つまり日本の敗戦はいつもの日本のサッカーができなかったことに有り、20日のギリシア戦ではこれを克服してくれること
を期待しましょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード