新世紀ユニオンが言論戦を重視する理由!

小さい労働組合なのに生意気だ、ミニ労組なのに労働運動を指導するつもりか?との批判が寄せられています。私達が無党派労組の新世紀ユニオンを作った動機は、規制緩和・リストラの攻撃の中で労働者の反リストラの闘いの戦術レベルを上げること、日本の労組の弱点である言論で労働者階級の見解を主張したい、との2点が挙げられます。

日本の労働運動の弱点は路線闘争が無い点に有ります。ほとんどが企業内労組であり家畜労組であるからです。労働戦線に企業内労組ではない個人加入の労組(=自主管理労組)が対立面として果たして存続できるのか当初は分かりませんでした。私達が最初にした事は「リストラ対処法」を作成し、自らの実践でその正しさを示すことでした。

日本の既成労組は、組織は大きくても労働者階級の立場から言論戦を闘うことができていないことを指摘しなければなりません。彼らは企業内の視点からしか物事を見れなくなっています。その企業内労組の上層「連合」は家畜労組の反動的上層連合であり、リストラと闘えない弱点があり、労働者階級の階級的利益すら代表できていません。

古い野党に指導された労組は、「確かな野党」が**商工会と労組の二つの階級の大衆組織を持ち、その結果なれ合いの団体交渉で形ばかりの「闘い」を行い、労働者への裏切りを行うことになりがちです。政党自身が「労働者の党」を語っても、実際には小ブルジョアの党であることを示しています。つまり「確かな野党」の抱える構造的問題が**商工会と労組の二つの階級の大衆組織を抱えている二面性にその特徴が有ります。

新世紀ユニオンの労働相談でこの野党系の労組に加入して裏切られた、との相談が案外多いのです。真面目に労働運動を闘っている党員が多くても、他方でこの二面性からくるなれ合い的裏切りが、この政党の支持が広がらない理由であると、私には見えるのです。一つの政党が労働者の組織と経営者の組織を持つことで、なれ合い的労働運動になっていないか?反省を求めたい。

他のユニオンや個人加入労組は、組合事務所を行政の「労働センター」や「労働会館」に依存している関係で自由な言論戦ができない現状があります。行政からの補助金に頼る労組はとても「自主管理労組」とは言えないのです。

従って日本の労働戦線における真に労働者階級の利益から、新世紀ユニオンのように小さくとも独立労組として言論戦を重視する、そうした労組が一つぐらいあってもいいだろうと、私は考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード