ユニオンに加入しておくことをお勧めします!

労働相談を受けていると会社側が社労士の指導を受けて、リストラのやり方が巧みになっている例によくぶつかります。解雇されたというので相談を受けると「社長に退職届を書けと言われ書いた」という人もいます。これは解雇ではなく自己退職なのです。

労働者に「辞めてもらう」と言って退職勧奨合意書にサインさせていたり、本人に退職届を書かせたり、退職金の領収書と、それが非課税になる用紙だと嘘をついて署名させ、会社に送るよう求めたり、酷い場合には「雇用保険の手続きをする」と白紙の紙に住所氏名を書かせ、その紙が退職届に改ざんされていた例もあります。

これらは「解雇追認措置」と言って本人に解雇を認めさせ、後で争えないように「外濠と内堀を埋めてしまう」措置のことです。こうなってからユニオンに相談する方が少なくありません。この場合法的に争うことが難しくなります。

ですから労働者は雇用を守ろうとするなら事前に信頼できるユニオンに加入し、分からないことはすぐ相談できるようにしておくべきです。法律を知らないまま、ユニオンに加入しないで働く事は無防備のまま攻撃を受ける事と同じなのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード