再び危険性が明らかとなった中国産食品!

中国の「上海福喜食品」の鶏肉加工ラインで使用期限切れ鶏肉使用が上海衛生当局に摘発された。この企業の肉は日本マクドナルド等の製品に使用されており、多くの消費者に衝撃を与えている。しかも中国当局は他にもいくつかの工場で調査しているという。

「上海福喜食品」は古い青くなった肉を混入させており、しかもこの工場では床に落ちた肉をひろって混入させるなど衛生観念の無さがニュースビデオで明らかになっている。

中国産毒入り餃子事件や、偽粉ミルクや漬物への農薬混入、下水の汚水油の食用油としての販売など、中国における食の安全への意識の低さはどうしょうもない。

日本の海外からの食品輸入は中国産が一番多いだけに、今回の事件が消費者に与える影響は大きい。中国産は一切買わないという主婦が増えてくるのは当然なのである。

この危険な中国産の腐敗した肉を使用していた会社は日本マクドナルドとファミリーマートだけのようだが、この2社の売り上げが今後低下するのは避けられない。

今回の事件は中国の衛生観念の低さが原因のように言われているが、問題は中国企業が拝金思想の虜になり、安全等にかまっていられない状況になっている。しかも反日教育の影響で日本向け食品は安全が考慮されない可能性もある。

あれだけ国民に反日教育を行えば日本向け食品の安全がおろそかにされるのは分かりきったことである。この際中国産食品輸入を全て見直すべきであろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード