きな臭さを増す世界情勢!

この季節、日本は反戦が強く叫ばれる季節である。しかし世界中が内戦状態になっている。これは先進国経済が長期停滞の状況の中で発展途上国が諸矛盾を激化させているからである。

中東は独裁政権が多かったイラクのフセイン政権、シリアのアサド政権、リビアのカダフィ政権これらの独裁政権が宗派争いや民族争いを抑制していたのである。アメリカがこれらの政権を打倒した、あるいは打倒しつつあることが中東の混乱を招いた。

アラブの春とか言われたのは混乱の始まりでしかなかった。パレスチナの虐殺はイギリスの植民地経営が生み出したものであるが、民族間の憎しみは増すばかりだ。

アメリカは対ロシア経済制裁を行っているが、これはブーメランのように世界経済に打撃となる可能性がある。進む経済のブロック化は経済制裁と合わさって世界の貿易を縮小に向かわせ、経済恐慌を招く可能性がある。

特に中国の経済危機が軍事拡張主義へと暴走する可能性が強く、オバマが注意すべきはロシアではなく中国拡張主義なのだが、オバマはあたかもヒトラーの暴走を容認したチェンバレン英首相の役割を果たしつつあるかに見える。オバマ米政権は国民の支持を失い戦後最低の大統領の称号を得るまでになった。

世界が警察官役を欠いて、軍事力が国境線の変更を促す時代となっている。口で平和を観念的に語っても平和を守ることはできない。経済政治情勢が世界を流動化し、戦争の時代へと進ませているのである。

特に中国覇権主義の軍事力増強は大戦前のナチの大軍拡をしのぐ規模であり、その矛先が日本である事は中国走資派指導部が自国国民に反日宣伝を振りまいていることで明らかである。アメリカのオバマ政権は「同盟国どうしの争いに巻き込まれたくない」と語っている。日本は自分の力で自国を守るほかないのである。対米自立の時が来ているのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード