拡大再生産に向けて富の分配のバランスが重要だ!

欧州経済が日本と同じ「失われた20年」に入ったという見方が強まっている。アメリカ経済もオバマの経済再生重視にも関わらず拡大再生産への活力は回復していない。ただ金融緩和で経済が回復するわけではない。株価を上げても実体経済が回復しなければ問題は解決しないのである。

先進諸国の政策担当者は今日のデフレの原因がまだ理解できていないようだ。旧ソ連崩壊後のグローバルリズムは「平和の配当を得る」と表現されたが、要するに強欲の資本主義で労働者への搾取率を上げることに他ならなかった。その結果拡大再生産に向けた分配のバランスを破壊してしまったのが資本主義経済の活力を奪い取る結果になったのである。

資本主義は社会主義の脅威がなくなり格差社会となった。格差社会の経済政策は富の再分配が重要なのだが、逆に金持ち優先の税制改革が一層富の偏在を生みだした。国民経済が拡大再生産のバランスを崩してしまった事が世界的不況の原因なのである。

ところが規制緩和・自由化で社会的規制の重要性が軽視され、資本主義が何故冷戦に勝利できたかの分析もされていない。社会主義への脅威が社会的規制を生み資本主義の拡大再生産に向けた分配のバランスを最適にしたに過ぎない。ところが冷戦崩壊後の強欲の資本主義が資本主義の成長を阻害するまでになった点に経済学者が誰も語らないのはおかしい。

冷戦の勝利に今日の資本主義の危機の原因があることを指摘しなければならないのである。労働者の賃金は可変資本部分であるが、同時に個人消費部分でもある。賃下げをやり過ぎると資本主義の再生産を縮小再生産に追い込むことになる。安倍首相が一方で賃上げを財界に働きかけたが、他方で規制緩和で搾取率の高度化を追求する中途半端な政策に彼の限界が表れている。株価を上げるだけだから年金資金を株式市場につぎ込むという間違った政策発想が生まれるのである。重要なのは、拡大再生産に向けて富の分配のバランスを図ることである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード