個人加入労組もピンからキリまである!

最近新世紀ユニオンに他の組合に加入している人から、組合の政治集会に参加しなかった事を理由に組合から差別的扱いを受けている。とか、減給や不当労働行為を「組合が闘ってくれない」という相談が増えてきた。個人加入ユニオンが闘い方を知らなかったり、裏切って会社の言いなりになり、裏金を手に入れる労組も珍しくない。組合が会社となれ合いで裏切っているように思う、という相談もある。

中にはパワハラを解決したくてユニオンに加入したが、組合の幹部が「パワハラは分からない」と言って闘いを指導してくれない、闘い方を教えてくれという相談もある。

新世紀ユニオンのホームページを見て、自分の問題を解決してくれるのではと希望を持って地方の人が多く問い合わせして来るのだが、団体交渉が必要な事案では残念ながら地方の人は加入を認められないのが実情だ。地元で団体交渉をしてくれる労組を探すよう助言するしかないのである。

何人か仲間がいるなら新世紀ユニオンの支部(あるいは支部準備会)として指導を受けながら活動していくなら、加入を認める事が出来る。しかし自分たちで労働者が信頼できる組合支部を作っていこうという人は残念ながら少ない。しかし現在働いている雇用をリストラから守りたいという相談なら地方や関東でも加入は可能である。我々には雇用を守るノウハウがある。

労働組合の作り方は、主に2つの作り方がある。政党などの組織が上から作っていく場合、もう一つは個人が仲間を作り、下から新世紀ユニオンの支部を作っていくやり方である。新世紀ユニオンは無党派ユニオンなので、この下からの運動で支部を作っていくことに挑戦しているのである。

リストラから雇用を守るためにユニオンに加入した人が、そこからさらに仲間を組織して、自分が中心になり、地域に新世紀ユニオンの支部を作っていく。これは大変難しいことで、我々がこれからノウハウを積み重ねていくべき課題である。しかし下からの運動が動き出すと実際には大きな力を発揮するのである。それはポーランドの「連帯」の教訓が示している。

ポーランドの「連帯運動」には、大学教授や学生など知識人が造船労働者の新しい労組=「連帯」に参加して、運動が広がりを持つようになった。つまり労働者階級と知識人の連帯が運動の発展にとって重要なのである。新世紀ユニオンには最近大学の先生たちの組合員も増えてきた。

労働者の戦闘性と知識人の豊富な知識が結合する事が、新しい労働運動の発展には不可欠なのである。闘わないだけでなく、リストラに加担する家畜労組が蔓延る中で労働者の諸権利を守るための新しい運動の形態が求められているのである。

安倍政権の規制緩和の中で、ブラック企業が激増し、労働者の諸権利が次々奪われる事態の中で、地域に闘う労組を作る事がさし迫った課題となっている事を労働者は認識しなければならない。闘う理想の労組を探すなら、自分たちでそんな労組を下から作っていこうではないか!そのような行動力ある労働者の出現を、私は期待している。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード