交通事故の被害者請求について!

交通事故でケガをしたので、自賠責の被害者請求の仕方をネットで調べてもなかなか手続が分かりませんでした。まるで請求を諦めさせようと考えて複雑にしているのか?と勘繰りたくなります。それで書くことにしました。

まず事故証明書を取らないといけませんが、事故証明書には、物損事故と人身事故の2種類があります。(私はそれを知りませんでした)被害者請求には人身事故用の事故証明書がいります。救急車で運ばれた時の病院で貰った診断書を、管轄の警察署の交通課に提出します。(印鑑が必要)ここで簡単な調書を作ります。そののち警察署の窓口で交通事故証明書申し込み用紙を貰い、記入して郵便局からお金を振り込みしますと「自動車安全運転センター」から人身事故の事故証明書が郵送してきます。

この事故証明書で加害者が加入している保険会社が分かります。この保険会社をネットで調べて自賠責保険請求用紙を送ってもらうように電話で請求します。この用紙に記入して、必要な書類(印鑑証明書・診断書・診療報酬明細書等)をそろえると初めて請求できます。(自賠責請求用の診断書・診療報酬明細書は病院で発行してくれます)

保険会社から送ってきた請求書類は全部で19もあります。もちろん怪我だけなら8枚ほどでいいのですが、あまりにも複雑です。事務手続きをもっと簡略化できないのでしょうか?会社勤めの人なら請求手続きだけで何日も休まねばなりません。全く馬鹿げています。治療費が数万円程度のケガなら請求を諦めた方が安上がりになるのではと思います。

ところで警察署の交通課で診断書を提出すると調書を作成しますが、その中には加害者への重い処分(罰金等)を下すか、それとも軽い処分で済ますか、それとも当局に任せるかが聞かれます。つまり事故を起こした時は被害者を見舞い、謝罪しておくと罰金が軽くなるということです。運転している人はこの点をわきまえておくことが重要です。

私を横断歩道で跳ねた加害者は見舞いも、謝罪もありませんでした。こうした礼儀知らずは損をする事になります。本来は加害者側が保険の請求手続きをするべきものなのです。被害者が勝手に請求せよ、という無責任な態度はよくありません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード