出向を命じられた時の注意点!

リストラの手法として出向が持ちいられるようになって長いですが、未だに多く使われています。下請けや関連企業に余剰人員を引き受けさせる訳ですが、最近は出向から転籍になし崩しに変える手口もありますから、出向を内示された時の対応が重要となります。

一般的に言う出向は「在籍出向」のことで、この出向を命令するには(1)労働契約上の根拠が必要であり、就業規則に一般的に「出向を命じうる」という規程だけでは足りません。出向は労務を提供する相手が変わるので(2)出向先での基本的労働条件が明確になっていることが必要です。

10数年前には出向には労働者の個別合意が必要とされていましたが、出向命令権が労働契約の内容になっている場合が増え、その為上記2点がカギとなります。ゆえに出向を打診されたら契約上の根拠・出向の期間(=普通3年)、仕事の内容、賃金、勤続の継続、転籍に変わることのないこと等を確認し、書面で貰うようにして下さい。

出向に協力すると、元の企業に返ってもすぐにはリストラの対象には出来ません。すでに会社のリストラに協力したのですから、次のリストラの対象には出来ません。リストラには対象選出の合理的基準が必要ですので、特定の人だけを連続的「狙い撃ち」にはできないのです。

実際にリストラの標的にされてきた人が出向を受け入れ、3年経って帰ると再びリストラの対象にされた人事で、「リストラの合理的選任基準」の明示を求めたところ、会社はリストラを撤回し、人事担当者の方が解雇になった事例があります。この事案の場合出向を拒否していたら解雇になっていたと思われ、それを警戒して柔軟に出向を受け入れたことが幸いし、雇用を守ることができました。

出向を受け入れる時は必ず期間と労働条件を書面ではっきりさせるようにして下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード