FC2ブログ

株式会社ウエノビジネスグリルの悪辣極まる答弁書と主張!

大阪の労働審判でウエノビジネスグリルの上野会長はMさん(女性)が経理部長であり、経理を全て任せていた、と嘘の主張をした。Mさんは長く相手方会社で働いているが課長の役職手当も、部長の役職手当も貰った事がなく、賃金は約17万円であった。決算書もMさんが作成したと嘘を主張している。決算書は税理士が作成したのに、審判ではMさんが作成したことにされた。

Mさんは経営が思わしくないので辞めてくれと会長が言うので、年休消化も認め退職予告金を払う約束をしたので整理解雇を受け入れた。ところが退職予告金は一部しか払わず、労働審判では相手方会社は、横領が発覚したから解雇したかのように答弁書に書いている。

しかも解雇通知書に書いてある解雇予告金については錯誤によるもので無効を主張している。普通解雇通知が錯誤なら、Mさんは従業員としての地位を有していることになる。ところが自分が会社印を押した解雇通知書に予告金の支払いが書いてあるので、予告金や残業代の金を払いたくない会長は横領事件をでっち上げたのである。その為にはMさんを経理部長にでっち上げる必要があった。

相手方ウエノビジネスグリルの上野会長は、労働審判で弁護士に相談している事、すでに警察に被害届を出したことを主張した。しかしMさんの調査によると、会長が相談しているのは司法書士であった。被害届を出したと主張しているのに、横領したという30万円のコカコーラ支払い分は何年の何月何日のことかの開示もない。嘘だから開示できないのである。

Mさんとその家族は会長とその妻が家にまで押しかけ「横領した金を返せ」と大声で怒鳴り、脅迫されて、心労から病気になった。ウエノビジネスグリルは病院や会社の食堂を請け負っているが、ノロウイルスが出て大口顧客の信頼を失い、経営が傾き始め、以後Mさんの仕事は納入業者の支払い督促の電話対応が増えることとなった。残業が増えたのはこのことも影響している。今では信用が無くなりウエノビジネスグリルには、現金でないと食材が納入されなくなっている。

長く労働運動をやっているがこんな姑息で悪辣な経営者は初めてだ。審判委員の裁判官も上野会長に騙され会社側サイドに立った発言が第1回審判ではなされたという。Mさんは、相手方会社がでっち上げの横領を撤回し、謝罪しない限り、調停で和解するのは難しい、と言っているので、その旨準備書面を作成し大阪地裁に提出した。

ウエノビジネスグリルの上野会長は、これまでも「横領した」とのでっち上げで何人も解雇している。その手口が安上がり解雇になると思い込んでいるのである。会長と会長の妻が会社の現金も、通帳も握っているのに、どうして横領など出来ようか、元々顧客と納入業者の信用を失い、潰れかかった会社に、そもそも社員が横領する金など会社に置いていないのである。だからMさんは会長が経営不振なので辞めてくれ、と正直に言ったときに、退職予告金を出すと約束したので整理解雇に応じたのである。

ウエノビジネスグリルはブラック企業の中でもその愚劣さに置いて横綱級である。審判から裁判への移行は避けられなくなった。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono

労働運動の豊富な経験
労働者への誠実な対応
雇用を守るノウハウを確立

加入金は5,000円
組合費は毎月収入の1%
2カ月分の前納

加入方法のページ

一人でも入れる労働組合
「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:10:00~17:30
土日祝:なし
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677
住所:大阪市福島区鷺洲3-9-13坂東ビル3F

地図を表示

リストラ対処方PDF



!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード