衆院解散で見せた野党のふがいなさ!

支持率が高いうちに勝負に出た安倍首相、安倍が勝てば国民の信任を得たとばかり集団的自衛権の関連法案を可決し、日本はアメリカの戦争に参加することになる。国民は政権の受け皿を求めている。それに対しバラバラの野党のだらしなさは話にならない。

国民が政権の受け皿を求めている時に、統一戦線を呼び掛けたのは小沢だけで、しかも各野党はそれを無視した。みんなの党に至っては解党が決まった。野党第一党が国民を裏切って消費税を増税した民主党だから、これは政権の受け皿にはならない。

自称「確かな野党」は何故政権の受け皿の為の統一戦線を呼び掛けないのだろうか?不思議だ。政権を取るつもりが無いのだろう。政権の受け皿を呼び掛け、それに参加できない小政党は解散した方がいい。小沢を見習うべきであろう。

こうなると、安倍右翼政権の暴走を止めるには「平和の党」公明党に期待するしかない。公明党は自民党に選挙協力しすぎると政権内の発言力を失うことになりかねない。公明党が協力しないと自民が過半数を割る程度にするのがベストである。安倍政権を勝たせ過ぎると、日本は戦争路線を暴走する事になりかねない。

野党がバラバラなのだから、政権批判票はいくつにも割れるのに、自公は一本化するのだから、自民の圧勝は決まったようなものである。野党の中に政権の受け皿として「統一戦線党」を作る最低限の政策協議を呼び掛ける人物がいないことは日本にとって悲劇である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード