「ハラスメント会社が倒産した」との投稿を頂きました!

ずっと会社ぐるみのハラスメントを受けてきた労働者から感動的な投稿を頂きました。全文は新世紀ユニオン2015年元旦号に掲載しますので読んで頂きたいと思います。

会社の経営者がハラスメントをしても何の利点も無く、それどころかハラスメントが人も会社もダメにすることが、この投稿を読むとよくわかります。特定の被害者に対する会社ぐるみのハラスメント(=精神的暴力)が仕事をおろそかにし、経営管理を怠り、機械の整備を放棄し、修理代がかさみ、クレームが増え、顧客の信用を失い、顧客を減らしても営業をせず、競争力を失い、運転資金が枯渇し、不渡りを出して会社は倒産したのです。

今、日本の社会では安上がりに解雇するため悪質なパワハラが横行しています。そして経営者のこうしたハラスメントが社内に増幅し、会社も人もダメにしているように思える例が多いのです。ハラスメントの広がりは経営者のモラルの崩壊の表れなのかも知れません。

新世紀ユニオンでは現在ハラスメント事案の解決に力を入れています。今年度新世紀ユニオンのパワハラ事案で660万円(退職金別)・950万円(退職金込み)の解決金を獲得しました。パワハラを許さず慰謝料を取ることで企業のハラスメントを無くしていくことが重要なのです。

中小企業がハラスメントに熱中すれば経営がおろそかになり倒産することもあるのですから、この投稿文は経営者にも是非読んでもらいたいと思いました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード