灯台もと暗し!

ある組合員から職場で上司にずけずけモノを言う人がいて、会社から煙たがられて,とうとう解雇になりかかっているのに、本人は全く気付いていない、という話を聞いた。

人は他人のことはよく見えるのに、自分のことはまったく見えない事がある。囲碁では「おかめ八目」という言葉がある。他人の囲碁を傍で見ていると、実際に対局している時より良く手が見える事がある。つまり他人の事では客観的になれるのに自分のことはよくわからない事が多い。これを「灯台もと暗し」ともいう。灯台のあかりは遠くの船舶の導きの明かりだが、灯台の下は暗いことから自分のことは見えにくいたとえである。

労働相談を受けていると、「不意打ちで解雇された」という人が時々いる。そいう人に限り職場で友人がいない。孤立しているので自分の会社における立ち位置が分かっておらず、自分の発言や行動が上司にこころよく思われていない事が理解できていない為「不意打ちに解雇された」と思うのである。

実際には解雇の理由となる心当たりを聞くと、たいがいの人が知らない内に「トラの尾」を踏んでいるのである。「給料が上がらないからユニオンに加入するか」と職場で同僚に話しかけ解雇された人がいる。残業代が払われていないことを同僚と相談した人が解雇された例もある。「就業規則がないのはおかしい」「就業規則を見せてほしい」と発言して排除の標的にされた人も多くいる。

職場での何気ない発言でも、会社の方は常にスパイを配置し、情報を集め監視し、好ましくない社員を摘発しているのである。ところが労働者の方はお人好しで、無警戒で、経営者が警戒することに無頓着で、いつの間にか「トラの尾」を踏み結果「リストラ」というトラの攻撃を受ける事となる。

対敵闘争の視点を忘れない事と、人は「灯台もと暗し」だからこそ、職場で客観的に忠告して貰える友人を是非作っておくべきなのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード