橋下大阪市長はカジノ構想を放棄した方がいい!

昨年維新の橋下市長が掲げる大阪都構想が府議会と市議会で否決された。橋下市長は、安倍総理の仲介で公明党を大阪都構想の住民投票賛成を取り付け生き返った。しかしその住民投票も成立する可能性は少ない。橋下市長のカジノ構想がネックとなっているからだ。

月刊誌「選択」の3月号の情報カプセルによれば、イスラエルのネタニヤフ首相に職権濫用疑惑が出ている。それによると昨年日本訪問時に「日本政府高官」に世界有数のカジノ運営会社であるラスベガス・サンズに営業許可を出すよう要請したという。このカジノ会社のサンズのオーナーはユダヤロビーでネタニヤフの資金提供者である。サンズは日本への100億ドル投資で世界最大規模のカジノを建設する計画を発表している。

つまりカジノ業者は日本人の個人金融資産1600兆円が狙いで、日本進出に多額の買収資金を政治家にばら撒いている。橋下市長がこうした買収資金欲しさにカジノ解禁を提唱しているように府民や市民には見えるのである。つまり維新はカジノ構想で府民・市民の多くの支持を失っている。このままでは、おそらく大阪都構想の住民投票に おいても反対派(=既得利益集団)が勝利することになる。

安倍首相が憲法改悪のために維新を取り込もうとしていることは明白であり、今回の住民投票で安倍首相の仲介で公明党の中央を住民投票賛成に取り込んだことで、維新は右翼政治家の安倍の別働隊のように見えることになった。安倍首相はカジノ構想を推し進めている。橋下維新はカジノ構想をこの際撤回した方がいい。

東京はオリンピックで発展し、大阪はカジノ誘致で犯罪都市になる、あまりにもイメージが悪い。大阪都で第2首都の大阪のイメージがカジノでは住民投票の敗北は確実なのである。改革を進めるものが政治的イメージを考慮できない理由でもあるのであろうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード