温暖化が招く危機!

南太平洋の島バヌアツが超大型のサイクロンに襲われて壊滅的な被害が出ている。国民の9割以上が建物が破壊され、食糧も住むところも無い状態になった事が分かり始めた。

別のニュースでは北極海に温かい海水が流れ込み氷が溶けている。南極の厚さ3000メートルの巨大な氷河が溶け始めていること。この氷河の氷が解けるだけで世界中の海水面が3メートル上昇するとのことである。温暖化による異常気象で全世界で年間何十万人も亡くなっている。

日本に来る台風も年年巨大化している。爆弾低気圧の発生も増えている。地球温暖化はますます進行している。日本も原子力発電所が全基停止して現在たくさんの火力発所が稼働している。その廃ガスはとんでもない数字になる。

一日も早く原発の安全装置を万全にして動かした方がいい。また地熱発電も大規模に行うべきである。火山列島の日本は地熱発電が適している。地熱発電は初期投資は大きいが燃料費がいらないのがいい。ただ日本は温泉・観光地が多く地熱発電に反対が多いのが難点で、その点は原発と同じである。
人間は保守的で温暖化が分かっていても、なかなか原発の稼働も地熱発電も進まない。私は人間は科学の発展に前向きでなければならないと考える。自動車の交通事故で1年に一万人以上の死者が出たこともあった、今でも数千人が1年間に亡くなっている。しかし自動車が危険だからと誰も自動車の使用を止めろとは言わない。

廃ガスを出す化石燃料は出来るだけ原発や地熱発電に切り替えるべきである。科学技術の発展を否定してはいけない。危険なら安全な原発を作ればよい。安易に火力発電に切り替える方が人類にとってはるかに危険なのである。

安全のために原発を全基停止せよという人がいる。小泉元首相がいい例だが、私はこのような人を信用しない事にしている。何故なら原発は停止していても危険なのである。止めたら安全になるのではない。だから今緊急に必要なのは安全装置を万全にすることである。万全な安全装置が出来ていないのなら原発は稼働すべきではない。しかし止めていても危険なので今できる安全策を急ぎ全てやるべきである。安全な原発になれば動かして、火力発電所を全て停止した方がいい。温暖化を阻止することが人類の生存にとって緊急に重要な事と考えるからである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード