FC2ブログ

紀子さまと佳子さまが見た映画!

昨日紀子さまと佳子さまが映画「風に立つライオン」を鑑賞した、というニュースを今朝見ました。この映画はアフリカで医療活動中に戦乱に巻き込まれ亡くなった日本人医師柴田紘一郎氏をモデルに,歌手のさだまさしさんが作った曲「風に立つライオン」を小説化した作品をもとに映画化されました。

私は妻と2人で公開初日に見て感動したので、その感想をこのブログにも書きました。紀子さまと佳子さまは、さだまさしさんや主演の大沢たかおさんや、監督の三池崇史さんらとともに映画を見たそうです。

映画の舞台は昭和62年のアフリカで、日本人医師と看護師が戦乱の地で医療活動をしながら、孤児院を作り、戦争で心に傷を負った少年たちと心を通わせていく姿が描かれています。

中国の紀元前の歴史家、司馬遷は「人はもとより一死あれども、あるいは泰山よりも重く、あるいは鴻毛より軽し」と書いた。アフリカの人々の病やケガを治療するために命をかけた日本人医師柴田紘一郎氏は、泰山よりも重い生き方を貫いたと言える。

人間の生き方には、社会的使命を自覚して微力を尽くす人と、自分の保身・利益のみ追い求める人の2つの生き方があります。医師であろうと、労働者であろうと社会的使命に生きる人の生き方が美しく、それ故に人々に感動を与えます。

私はこの映画を多くの人に見てもらいたいと思い、このブログを書いています。映画が終わり,映画館の証明がつくと多くの人が目にハンカチを当て、目を赤くしている、そんな胸が熱くなる映画です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード