大学の先生たちの労働相談を受けていて思うこと!

大学はなぜこのようにパワハラが多いのか?なぜ手先の学生を使い嘘の訴えで優秀な先生をやめさせるのか?大学の先生たちの労働相談を受けていると見えてくるものがあります。

大学などの独立法人化によって、大学を既得利益集団が経営するようになったこと。さらには任期制がパワハラの有力な手段となった。若い有望な研究者を任期制で雇用し、研究を手先の学生を使い奪う、その後で学生に嘘の訴えをさせてパワハラ先生のレッテルを張る。こうしたやり方で人の研究やアイデアを奪いとり、優秀な研究者を潰していく。

大学の教授は、こうしたならず者のような連中が増え、若い研究者を潰し、任期制で辞めさせる。これが今の日本の大学の現状である。こうして任期制で辞めさせられないようにデータのパクリ、データのねつ造が横行し、日本の大学の研究者の提出する論文の7割がパクリかねつ造になっているといわれる。任期制が導入されて以後、日本の研究者の論文が減少し、特許取得数も減少している。

日本の科学立国が今危機にある。パワハラで大学から雇止めされた有望な研究者が裁判で争っても、裁判所がバカだから全て負ける。裁判所はパワハラが理解出来ず、雇止め法理に基づいてねつ造した大学の証拠にまんまと騙される。証拠や証人がいても大学側が全て勝つ、日本の大学は今研究略奪のシンジケートになっている。

大学のパワハラ教授に、有能な若い研究者が追い出され、教授の忠実な奴隷となる無能者が、教授の後継者になる実情は酷いもので、これでは科学立国など無理というものだ。「理研」のスタップ細胞をめぐる論文のでっち上げは特別なことではない。今多くの大学が「理研」と変わらない状況にある。大学は今や「学問の府」ではなく、パワハラの府、陰謀の巣になっている。若い研究者が自由に研究に打ち込める環境にはない。今の日本の大学には学問の自由がない状況にある。

労働相談でこうした実情が分かり始めると、日本の大学と司法が亡国の道を歩んでいることが理解できる。私的利益が判決を捻じ曲げ、研究を捻じ曲げ、ねつ造し、奪い、潰している。国家が繁栄から滅亡の道を進むにはキチンとした理由があるのだ、ということを私は今実感している。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

我利我利亡者

権力への我利我利亡者しか、大学や研究所にいません。

理研の理事長や理事達は、
理事職やめても、相談役やら何やらで残られていますし。

救いようがないですな。

例えば,国立大学間の人事異動を認めれば…

大学でパワハラ(その多くは人知れずターゲットを精神的に追い詰めるモラハラ)が蔓延している背景の一つとして,モラハラ教授が平均30年以上もの間,閉鎖的な特定のゼミや医局等に君臨し続けている,という実状が挙げられるでしょう.つまり大学教員に人事異動がほとんど無いことが,原因の一つと断言できます.
これまで,“伝統”と称してゼミ等のアイデンティティーや,特色ある研究スタイルの継承を謳い,君臨が正当化されてきました.また地域や企業との連携関係,学生教育についても学部で3~4年,院だとさらに2~10年を要すること,一般的には稀ですが○○教授のもとで勉強したいと言って入学してくる奇特な学生もいることから,過去大学では教授の人事異動は稀有でした(もちろん,若いモラハラ被害者が任期切れ等の理由で他大学に異動していくケースは沢山あります).
しかしそうしたメリットよりも,モラハラ教授のもと,気に入らないだけで任期付きを中心とする若い教育(研究)者達が次々と潰され,結果として腹黒いゴマ擂り教員だけが出世していく,教授は退職後も名誉教授となり,いつまでも亡霊のようにゼミを支配し続ける….そうした世界が一部で蔓延しているのであれば,思い切った構造改革を断行し,もっと風通しを良くするべきでしょう.
国立大学法人であれば,ハラスメント被害を受けている若い教員達を保護するため,希望する教員に全国の国立大学間での人事異動を認める制度を確立すれば良い,と考えています.そうすれば,逆にモラハラ教授の噂は広がり,仮に法が教授を裁けなくとも,そこには自然と優秀な人材が集まりにくくなりますから,モラハラ教授のゼミは衰退し,淘汰されていくことでしょう.
文部科学省は醜い競争を招く成果主義ばかりを煽るのではなく,未来の教育,研究環境を整えるため,今から本腰を入れて人事制度面での構造改革を進めるべきではないでしょうか.
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード