大阪地域労組働く仲間の会等を訴えた勝利判決が出ました!

新世紀ユニオンの組合員Aさんが、「大阪地域労組働く仲間の会」とその委員長を訴えた裁判の判決が5月21日に出されましたので、その要旨を報告します。

本事案は、「働く仲間の会」の組合員であったAさんが、組合が会社の言い分と同じことを言い始めたので脱退したところ、本人の事実経過表や「働く仲間の会」の委員長の陳述書が、会社側から地位確認裁判の証拠として出されたことに対する慰謝料等の請求事案である。

判決文の「当裁判所の判断」のところでは「被告らは、本件口頭弁論期日に出頭せず、答弁書その他の準備書面を提出しない。よって、本件請求原因事実について争うことをことを明らかにしないから、これを自白したものとみなす。」としています。

主文では被告らは、原告に対し、連帯して4万4000円を支払うこと、を命じた。この内訳は、事実経過表を会社に渡した事で2万円、陳述書で会社の側の労働者追い出しに加担した慰謝料が2万円であった。原告の請求金額が220万円であったのに比べ裁判所の慰謝料は弁護士の着手金にも及ばない超低額の判決となった。

もともと日本の裁判所は労働者の慰謝料を認めたがらない。そのことを考慮すればこの判決は完全勝訴判決と言える。しかし裁判所が認めた損害賠償を、Aさんが会社を退職に追い込まれた結果(=損害)と比べあまりにも低い。これではつり合いが取れず、労働組合に組合員を裏切っても大丈夫だ安心せよ、と言っているかのような情けない判決である。

今後の焦点は、被告の「大阪地域労組働く仲間の会」とその委員長が控訴するのか、それとも判決通り損害賠償金を支払うのか、その対応が注目される。「確かな野党」と自称する政党が多くの地域労組を作ったが、平気で労働者を裏切り会社側に証拠や陳述書で加担する「確かでない労組」が含まれていることは、広範な労働運動の発展を願う人達の期待を裏切る行為と言わねばならない。

しかも訴えられて、答弁書も準備書面も出せず、口頭弁論にさえ恥ずかしくて顔を出せなかったのであるから情けない話である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リチャードコシミズなどの政治本には

自民党不正選挙裁判で裁判を3秒で終わらせ逃げる不思議な裁判長が話題になってます。

マスコミや新聞社は当てにならず。本当の世間を映していない。

もう在日団体による日本中枢の乗っとりが完了してるとか唱えてる人は探せばいっぱいいます。背後にGHQや欧米貴族が操る。

ちなみに大阪の財界の半分は在日で、

カメレオンのように日本の人混みの背景に溶け込み、視覚を惑わせ
高いポジションにいる。日本人を名乗りながら、日本人の味方は決してしないです。

在日とバレないように目の錯覚を使い巧妙に日本人のフリを続けながら高い社会的地位に潜んでいる。

なおさら慰謝料を認めて欲しい

御教示ありがとうございます。

裁判所が
労働者のために懲罰的慰謝料を認めれば、
労働者の生活が守られ、
保険業界の新たな顧客?(雇用主)ができ、
少しはマシな裁判が行われるやもしれませんね。

今の慰謝料では、労働者は泣き寝入りです。

日本が懲罰的慰謝料にしない訳

 アメリカは高額の懲罰的慰謝料ですが、裁判で訴えられた場合の保険があります。つまり懲罰的慰謝料にすると金融資本が儲かります。日本は経団連会長は産業資本家ばかりです。
 彼らは自分たちが損をしないように労働者には慰謝料をほとんど認めません。アメリカは金融資本主義の国です。日本のように物作り国家ではありません。ですから日本も懲罰的慰謝料にした方がいいに決まっているのですが、産業資本家の目先の利益しか見ないので、わずかな慰謝料になるのです。
 これは日本が民主主義の社会ではない証拠であり司法にとっては恥ずかしいことです。

この慰謝料では、やり得では?

慰謝料4万4千円は、低すぎます。
弁護士や印紙代などの裁判費用にもなりません。

これでは民事とはいえ、
不正や不法な行為をした方が得です。

裁判所は懲罰的慰謝料を含め、
数千万の慰謝料を認めるべきです。

日本社会は性善説はなく、
騙された側、被害者側が悪いという風潮です。

不正や不法行為を減らすには、
高額慰謝料を課す。
ワリがあわないとするしか
策はありません。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード