自転車の交通取り締まりが厳しくなりました!

6月1日から改正道路交通法が施行されました。これにより自転車にも自動車と同じ罰金制度が導入されました。改正の最大のポイントは自転車の取り締まり強化です。道路交通法上では自転車は軽車両なので交通違反をすると取り締まりの対象になります。

違反が摘発されてもすぐに反則金とはならず。3年間の内2回の摘発で警察が実施する安全講習(3時間)を受けなければなりません。この講習の手数料5700円が言わば反則金の扱いとなります。安全講習を受けないと、事件扱いとなり、裁判所への呼出しの上5万円以下の罰金が科されます。

自転車の青切符の対象となる違反は以下の通りです。

(1)信号無視
(2)通行禁止違反
(3)歩行者専用道路での徐行違反
(4)通行区分違反
(5)路側帯の歩行者妨害
(6)遮断機が下りた踏切への進入
(7)交差点での優先道路通行車妨害等
(8)交差点での右折車妨害等
(9)環状交差点での安全進行義務違反等
(10)一時停止違反
(11)歩道での歩行者妨害
(12)ブレーキのない自転車運転
(13)酒酔い運転
(14)安全運転義務違反

注意が必要なのは、
・道路の左側を通行することです。
・原則自転車は車道を走らせなければならないこと。
・大阪市は現在自転車は歩道に追いやられています。この点が変わるのかを大阪府警交通課に聞きましたところ、今までどおり歩道を走ってもいいが、あくまでも歩行者優先を守ること、とのことでした。
・また道路の端に引かれた白線=路側帯で歩行者の通行を妨害してはいけない事。スピードを出して 歩行者を危険な目にあわせることもいけません。
・一方通行路を逆走行してはいけない。
・携帯電話やイヤホンで音楽を聴きながら走ることも違反です。
・夜、無灯火での走行道路に危険が生じる場所への自転車の放置。
・一時停止は自転車を止め脚を地面につかないと停止とはならない。
・雨降りでの傘をさして自転車を走らせるのも違反です。
以上の注意点を違反すると切符を切られますから注意して下さい。特に女性は自転車で右側を走行している人が多くいます。注意が必要です。特に歩道を走る時も、道路の左側の歩道を走らねばなりません。夕方になると早めにライトを付けるようにして下さい。以上周囲の方にも教えてください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード