マイナンバー制度は大丈夫か?

日本年金機構の年金受給者と加入者の基礎年金番号や氏名などの個人情報が流出した。報道では約125万件流出したという。年金の情報がネットとつながり、流出するずさんな管理がいまだに続いているのである。

今年10月から番号通知を開始するマイナンバー制度は、税金から社会保険料などの徴収、社会保障給付などに使われる。これが流出すれば大きな被害が出る。このマイナンバー制度は国民の預貯金や健康診断情報、カルテや診療報酬、戸籍、旅券、自動車登録などに拡大することになっている。

国民の情報をまともに管理できない公的機関=政府にマイナンバー制度を任せるのは危険極まりないことである。マイナンバー制度の実施は見合わせたほうがいい。

日本年金機構は消えた年金の回復さえ未だにまともに行えない状態にある。日本の公的機関の情報管理のいい加減さは全国民が知っていることだ。マイナンバー制度は大丈夫か?これが国民の素直な気持ちなのである。

今のままではマイナンバー制度の情報がウイルスメールによる不正アクセスで流出するのは確実だ。政府は来年1月からのマイナンバー制度の実施を中止すべきである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード