新世紀ユニオンはタブーに挑戦する!

新世紀ユニオンは現在ブラック企業に対し、残業代や、違法な賃下げなど弁護士の着手金を考慮するとペイしない事案について、労働審判の本人申立の闘いを進めています。これまでにほとんどの事案で勝利的和解を実現しています。ある事案では弁護士も驚くほどの解決金を本人申立で獲得しています。

ユニオンの財政基盤を合法的に確立する拠出金・組合費未払い訴訟も費用のかからない本人訴訟として勝利し、今では「新世紀ユニオン事件」として裁判や争議の解決金からの組合規約の拠出金納入規定の合法性を示す、日本労働運動初の判例となっています。

個人加入の組合が、元組合員を裏切り、被告会社に個人資料を渡し、あろうことか労働者を会社から排除するための陳述書を労組委員長が出していた東大阪の裏切り労組「働く仲間の会」を訴えたのは、この裏切りが一因で雇用を失うことになったMさんの怒りを支援するだけでなく、世間に労働組合は絶対に労働者を裏切ってはいけないこと、合わせて「確かな野党」の人達に傘下の「労働組合のあり方を問う」為でもありました。

労働組合が、裏切り労組とは言え、労組とその委員長を訴えることは新世紀ユニオン内にも慎重を求める意見もあり、従ってユニオン組合員への意見集約を経て、賛成多数であったので闘うことにしました。この裁判では被告の「働く仲間の会」とその委員長は、口頭弁論期日に出頭せず(=できず)、答弁書・準備書面を提出しなかった(できなかった)。これを受けて裁判所は本件請求原因事実について争うことをしなかったので「自白したものとみなす」(判決)と判断した。この勝訴判決は慰謝料の少なさは別として画期的判決であり、裏切り労組とその責任者は、その反労働者的行動で社会的非難を受けることを実証した。

新世紀ユニオンが今ひとつ直面する問題があります。それは自分の事案が解決したら、次は他の仲間の闘いを支援するという労組の団結の意義を理解せず。自分の事案が解決したらすぐ脱退する人が少なからずいることである。また脱退はしないが自分の事案が解決したら組合費(収入の1%)を支払わず。ユニオンからのメールに返信もしない層がいることである。いわゆる組合費の滞納者の扱いについては、本来労組の教育・宣伝活動に期す問題であるのでこれまで強制的徴収はしなかった。

世間では子供の給食費さへ支払わない人が増えているそうです。ユニオンの組合費滞納者について裁判で徴収すべきだ、との声もあります。組合費を払わないのを放置しては支払っている組合員との均等な扱いに反している、との声もあり、また、教育には強制も必要では、との意見もあります。新世紀ユニオンとしては組合員の意見集約を経て、執行委員会で討議し、一定の時期に法的手段での組合費の強制徴収を検討したいと考えています。

現在、組合費未納のまま脱会した人や未結集の人については、再相談・再加入は原則認めないこととしています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード