黒字なのに希望退職募集で早めのリストラ!

最近労働相談で目立つのが,赤字でもないのに希望退職を募集し、面談で退職を迫る例が増えています。聞くと上積み退職金が12カ月~15カ月と少なめです。

面談で断ってもパソナ等の「転職支援会社に連絡を取れ」と盛んに言います。転職支援制度になし崩しに連絡を取らせることで希望退職に巻き込もうという作戦です。

こうした場合は「私は辞めるつもりはありません」と断固とした態度表明をする事が重要です。転職支援制度も「辞めるつもりはないので不要です」と拒否して下さい。

普通リストラは全社員の30%以上でないと効果がない、と言われています。ところが最近の早めのリストラは全社員の10%の目標が多いです。黒字なのに行う希望退職の募集は、多くが人件費を削減し、利益を増やし、自社の株価を上げるのが狙いです。

現在の日本で正社員の転職先を探すのは難しいので、こうした標的にされた労働者は面談で断固とした態度で断るしか方法がありません。40代になって退職を迫られても、会社からは経営状況の説明もせず。ただ黒字なのに人件費を削減して利益を増やすことしか考えていません。

こうしたリストラは断固拒否すれば会社に残ることは出来ます。しかしその後で嫌がらせの配置転換や仕事の取り上げが待っています。ですから退職を勧奨されたらユニオンに加入してリストラ切り抜けた後も闘う他ありません。

闘う以外に雇用を守る方法はないと決意することが家族のために必要なことです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード