弁護士もピン・キリです!

新世紀ユニオンの専従役員をしていると、会社側の弁護士とやり取りすることが頻繁にあります。平気で証拠を捏造する経営側弁護士もいれば、誤りを認めて遠隔地配転を撤回し、話し合いで確認書を交わし穏便に解決する紳士的な弁護士もいます。

団体交渉に会社幹部が誰も出ず、労務屋の社労士を出してユニオンを愚弄した事案で、会社側の不当労働行為を棚に上げ、答弁書で「新世紀ユニオンに責任がある」などと不当極まりないことを書いてくるブラックな弁護士もいます。これ等は弁護士会に懲戒請求しなければならないほどの難癖と言えるものです。

労働審判で和解が成立し、相手方が弁護士を通じユニオンの委員長のブログを削除してほしい、と申し入れてくることが時々あります。しかし一流の弁護士はこのような表現の自由を踏みにじる要求は絶対にしません。新世紀ユニオンは個別紛争でも和解を実現するため相手方の不当な要求であっても、これまで何回かはブログを委員長権限で削除してきました。それは円満に解決するためのユニオン側の配慮といえるものであり、個別紛争上の取引ではありません。

先日ある問題の多いグラック企業の労働審判で和解の席上、第3者のユニオンに5点のブログの削除の要請があったので、解決金が振り込まれて全て解決してから、2週間以内に当該5点の委員長のブログを削除してもいい旨回答しました。

昨日その弁護士から突然書面がユニオン宛て送られてきました。その書面には計12件のブログを削除するよう要求しています。しかもその内容には審判の関連の記事だけでなく別事案のユニオンへの不当労働行為の事案まで含まれています。また相手方の会社名が入っていないブログまで削除を求めています。呆れてものが言えません。私は約束ですから個別事案に関するブログは解決金の支払いを確認の上削除するつもりです。

しかし困ったことに弁護士のこの書面が送られてきたため、執行委員会で討議してからでなければ削除できなくなりました。全くアホな弁護士です。つくづく弁護士もピンキリだと思いました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード